• HOME
  • 資格教材買取専門館のブログ

資格教材買取専門館のブログ

LEC/TAC/大原などの教材を整理しました

2012年6月13日 admin |


こんばんは。

本日、LEC、TAC、大原などの通信教材を整理してみました。

具体的には、今まで受講して資格試験合格後に、そのままにしておいたDVD通信教材をまとめていったのです。

それほど、量は多くないかなと思っていたのですが、意外にも分量があり、それらの教材を整理することになりました。

不動産関連の通信教材、会計/税務関連の教材、PC関連の教材などと整理していって、その後、各資格の教材ごとに、整理することで、

合計5つくらいの教材にわかれ、リサイクルできるものと、そうでないものとに明確に分けることができました。

このように、自分が思っている以上に、資格試験教材がでてきたり、DVDの量がたくさんあったりすることは、皆さんも同様かと思います。

そんなときは、当店にお声かけ下さいね。

資格試験教材の整理のお手伝いをさせていただきますので。


今後ともよろしくお願いします。


自分に合った教材選びが大切!

2012年4月24日 admin |


資格といってもその資格を学ぶための媒体はいくつか候補が挙げられると思います。

本日は、その媒体ルートをいくつか考えてみましたので、ピックアップしてそれに対する意見も書いてみたいと思います。


--------------------------------------


1、資格の学校

この資格の学校は、資格を目指す殆どの方が通っているのではないでしょうか?

生の授業を聞いて教室でしっかりと習得する良い機会ではあるが、いかんせん高額・・。また近年は、小さな塾や予備校、スクールがネットで広く受講者を募集しており、安価なので人気を集めているようです。実践形式で講義を聞きたいのなら絶対にオススメですが、効果と言うのは講師によっても大きく異なると思われるため、資格学校を選ぶ際は、その点を注意してみましょう・・!


2、書籍

独学の基本と言えば、書籍ではないでしょうか?
書店に足を運べば、カリスマ講師の1年合格勉強メソッドや、各種攻略本が並んでいます。独学の基本となる重要な教材なので、学ぶ目的にあったチョイスや正しい使い方を覚えることが大切です。最近では、音声データが付属した教材も多く、ただ単に教科書として使うだけでなく、講義もついているので、投資額が少なく、費用対効果は抜群と言えるのではないでしょうか!やる気、モチベーションの高い方にはオススメ!


3、ゲームソフト

数年前から注目されているのが、任天堂DSを使ったソフト。エンタメ性が武器で気軽に、楽しく続けられるため、反復練習が必須の暗記系資格や語学資格には最適です。中身もしっかりしたものが多く、プロでも太鼓判を押すソフトも多々あるそうです。ただし、エンタメ性を重視し過ぎたばかりに、効果の見えない地雷ソフトもあることは確かのようです・・。


4、通信教材

ココ最近爆発的に伸びているのが「通信教材」
ユーキャンの通信教材やニチイの通信教材、さらには、既存の資格学校も通信教材を出しており、
現代のような生活パターンをしていると通信教材の存在は大きいですね。

通信教材は資格の中でも特に大きな存在となっており、業界を牽引していることも確か。しかしながら意外と高値で長期学習に及ぶことも多く、購入にはしっかりとした目的と選択基準をもっておきたいですね。様々な学校や講師がいるため、効果のある教材コースを選ぶのは難しいといえるでしょう。


--------------------------------------

景気減速に伴い、大卒でも専門学校に入りなおしたり、資格浪人をしたりするなど、
資格職へのニーズはますます高まってきているようです。

資格を取得する媒体やルートは、たくさんあるので、教材が溢れすぎている感はありますが、
目的に応じてしっかりと選択していきましょう!



何かと為になる「秘書検定」

2012年2月16日 admin |

皆さん、こんにちは。資格買取スタッフです。

私は、大学を卒業して何年も経ちますが、当時、友達の間で「秘書検定」という検定試験が流行っていました。

大学生活は、自由で、授業も必修以外は、自分が興味のある好きな科目を選択出来るので、余裕があり、自分磨き!と思った時に、やはり、就職活動や、社会人になっても役に立つ「資格」に行き着くのでしょうか。

すでに、ワープロ検定や、簿記検定なども取得していたので、検定試験には何故かちょっとした
自信があった記憶があります。

何となく、ネーミングに惹かれ‥‥社会人になったときに「秘書」という仕事も素敵だなと思いました。

早速、一人で本屋さんへ行き、まずは「秘書検定 三級」の問題集を買ってきました。

過去の問題集を進めて行くと、敬語、尊敬語、謙譲語、あいまいに使っていた言葉の正しい使い方、目上の方との車の乗り方、席の座り方、電話応対などなど、「一般常識」とひとくくりにして良いのか分かりませんが、社会人として生きて行く上で、必要なことばかりで、楽しく勉強する事が出来ました。

やはり友達も同じような事を話していました。

はっきりは覚えていませんが、年に1、2回試験があり、楽しく覚える事が出来た為か、それほど勉強する時間は必要なく、一回で合格する事ができました。

一緒に受けたお友達は、もちろんみんな合格出来ました。

また一つ「資格」が増えた喜びを感じ、次は「二級を受けよう!」なんて盛り上がったものです。

この秘書検定という資格は、その後の社会人生活を送る上で色々と役に立った事は言うまでもありません。

皆さんも今年は、何か資格を目指してみてはいかがでしょうか?


資格を目指す傾向に・・!

2012年2月 3日 admin |

こんにちは。

近年の、経済情勢の悪化により、就職率が下がり、それに対応する形で
「手に職」となる資格を目指す傾向にあるようです。

どんな資格かと申しますと、弁護士、税理士、司法書士、会計士といった、『士業』、難関資格が多いです。

これらの資格は、取得すると、社内でも重宝され、資格によっては独占業務もありますので、
それらを行うことができます。


公務員を目指されている方や、社会人の方でもキャリアアップを目指される方には、良い資格ではないでしょうか?

資格を取って、転職する!資格を取って、独立する!

など、いろいろとお考えがあるかもしれませんが、まずは目の前の仕事に真摯に取り組み、
成果を出すことが大切です。


<就職内定率>大学生71.9% 過去2番目に悪く

2012年1月17日 admin |


就職内定率について


毎日新聞によると、

春卒業予定の大学生の就職内定率(昨年12月1日現在)は71.9%で、前年同期を3.1ポイント上回ったことが17日、文部科学、厚生労働両省の調査で分かった。96年の調査開始以降最低だった前年に次いで過去2番目に悪い水準だが、昨年10月1日現在の内定率も59.9%(前年同期比2.3ポイント増)で3年ぶりに上昇。

ということだそうです。

若干、改善の兆しはみられるようですが、昨今の円や欧州の財政危機により、景気の先行き不透明感はぬぐえない状況といえるでしょう。

そんな状況で私たちがすべきことを考えてみました。

それは、就職できるスキルや資格を身につけることです。スキルというのは例えば、ホームページが作れることや、デザインができる、経理ができるといった専門的なことや、簿記や税理士の資格を取得したりすることです。

今はLECやTACの資格予備校という学びたい人が学べる環境が整っているので、若干費用はかかりますが、向上心強い方には、最適ともいえます。

景気や経済が悪いと嘆くのではなく、自分自身の力を高めていき、私たちでより良い日本を作っていきましょう。♪

前の10件 1  2  3  4  5  6